2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link

無料ブログはココログ

« 砂のお城 | トップページ | シロエ »

2011年11月11日 (金)

丘の上のコウモリ

え〜。前回のブログで登場したHà 先生なんですケド。

今日。泣かせてしまいましたwww
しかも授業中。まさに。ナミダのレッスンです。

「ゴロワさんはどうして?ベトナム語を勉強するのですか?」
と。聞くので。
オレもカルク応えりゃいいものを。
「それはまだ。ベトナム語で説明できないから。教えなーい」みたいに。
タドタドシク回答したんですw
(ここまではベトナム語による会話)

したっけ。「え?どうして?どうして?」
みたいに。なり。
(ここからは日本語による会話)
「知りたい!知りたい!」って。なってしまったのです。

Hà 先生は日本語ペラペラですから。
けっこう。深いとこまで聞き出す能力。あんですよw

で。ウソついても仕方ナインで。
以前。勤めていた会社で。ものすご〜く。苦労した話をしたんです。
苦労ってのは。ベトナム人とのコミュニケーションでして。
当時は。通訳を通して。やってタンですね。ほとんどすべてを。

自分の苦労も。さることながら。
通訳ってシゴトの苦労も。痛いほどわかったので。
いろいろエピソードをまじえて。昔話を披露したンです。

こんなことがあったけど。オレはこう思ってる。
あんなことがあったけど。オレはそう思わない。とか・・・。

そしたら。話の途中から。Hà 先生の質問する声が。
なんかヘンなんですよw

え?って思って。カオみたら。
もー。涙こらえてンのが。バレバレの表情&しぐさ。なんですね。

ははーん。Hà 先生も。日系企業で通訳の経験がアルンだな。と。
そう思って。聞いてみると。

「私も通訳やりました・・・今も時々バイトでやってます」と。

そして。次のコトバ。「私も!専門用語まではわかりませんっ!」とw

だからオレは。「そうだよ。そんなことわかってるよ」って応えたら。
こらえてたナミダが。ボロって。なりました。

いやぁ。通訳。それも英語以外の通訳。でもって。
とくにベトナム語の通訳。
ってのは。タイヘンな職業デスよ。

前。勤めてた会社では。わずか1年のウチに。
5人の通訳が辞めていったのであったw

お給料が。その他のワーカーに比べて高いこともあり。
嫉妬の対象。だったりするンですね。
クーラーの効いた部屋で。日本人とウマクやりやがって!
みたいな??

たいてい。女の子なんですけど。たいてい。泣いてましたね。
どこかで。かならず。

意外と。孤独なんですよ。

で。日常会話。以外の。いわゆるプロフェッショナルな?
専門用語。業界の特殊な言い回し。などなどの。
嵐の中へ。入っていかなければならない。
毎日が。また勉強の繰り返しなんですね。
初めて聞いた。知らない単語ばかりだからw

だけど。「会社は勉強するトコじゃない!」とか?
すぐイライラして。怒鳴るバカもイルンですw

アタマのワルイ日本人に。怒鳴られ。
ベトナム人からは。裏切り者。扱い。

スキルが高く。勉強するモチベーションもあったのに。
潰されていった通訳が。このベトナムには。ゴマンといるんだろうなぁ・・・
って。思います。

クヤシイカラ勉強する。そういうのも。アリだと。思うんですよ。
オレもそういうトコあるしw

で。なにがいいたいのか?
っつーと。

通訳いじめてたり。するヤツら。
アタマから怒鳴ったり。するヤツら。

ってのは。たいてい。
苦労知らずの? ぬっるいの。ばっかりなんだよねw
上も下も。

« 砂のお城 | トップページ | シロエ »

コメント

通訳ってきらびやかなイメージがありましたが
大変なんですね。
どの職業も、それぞれの大変さがあるんでしょうが
なかなか人の立場って分からないから
相手を思いやる気持ちより批判する気持ちが勝ってしまいます。

わたしも、怒鳴り込まれたり、怒られたり、不条理な思いをしたり
したこと、あります。
その頃はよく仕事やめたいって思ってたけど
今やめたら何をやってもダメになるって自分を奮い立たせていました。
でも、それ以上に
異国の地でやっていくことは、やっぱり並大抵のことではないんですね。

>>Yuuさん
日本にいたとき。同時通訳のヒトに。
業界用語を解説してあげる。っていうシゴトもやったコトあるんだけど。
プロは。半日ぐらいで。ソレ覚えてw。次の日。
二ヶ国語講演で。ちゃんと訳すんです。

それでも。お客からは。文句がでる・・・・。

で。ベトナム人通訳に。そういうヘルプをしてあげられるか?。
っつーと。できないw
こっちが。まったくベトナム語知らないからww

日本の社会って。思いやりのないヒト。多いね。
一度でも。ソレを経験してれば。(していなくとも??)
大変さ。って。想像できると思うんだけど。
まぁ。たいした経験してるヤツってのも。少ないからねw

Yuuさんのブログで。ピアノの製造工程をみた。ってのがあったでしょ。
そういうの。想像もできないヤツ。ってのは。
残酷だよ。中国人に多いねwww

泣かしちゃったってそういうことなんですね・・・
大変なんだ、通訳って。
人から文句言われるって辛いですよね。
私だったらその場で泣きながら帰っちゃう(笑)
もっとなんか人から尊敬とか憧れとか受けて
・・・・そんなイメージしかありませんでした。
やっぱり関わったり、経験しないと分からないものですね。
想像力・・・大事ですよね。

>>くんきんサン
泣いて帰っちゃった通訳もいましたよ。

苦労して。またはお金をかけて。勉強した。
そういうプライドもあるから。
気安く。「わかりません」って。言い出せないンですね。

職場でも。注目されるから。けっこうプレッシャーあると思います。
食堂で。ヒトリポツンと。メシ食ってたり。

花形の職業だからこそ妬みを受けるんですね。
そのウラにどれだけの努力があるのか。
う~ん「努力」って言う単語だけで
簡単にあらわせないモノ。
どこの国にもあるんですね。
「となりの芝生はアオイ!」
上辺だけでしか判断できない可哀そうなひと。

それともプロなら出来て当たり前ってコトなのかな?

>>ころっちんサン
やっぱり通訳は。花形なのかなぁ・・・。
ワーカーたちの嫉妬は大きいです。かなり。
「現場」じゃないから。アイツのシゴトはラクだ!
みたいに思ってると思います。

連帯感のあるヤツらが。いっつもそうなのは。
部外者、よそ者を。下にみるコト。じゃないかな??

とってもカッコワルイことなので。
やめればいいのに。って思いますけど。
まぁ。それが人間の集団ってモノの。キホンなんでしょうw

この話は通訳の業界以外にもある事です。
たとえば私がやってたコンピュータ業界もソレです。
コンピュータ関連は利口な人が多いと思っている人がいるだけに他の人と区別されがちです。

とある企業にシステムの仕様書を作る時、「あ~これは業務の中身を知り尽くさないと無理」と言われます。
業務の中身を知るという事は業界に精通していないと無理なんですよね。
同じ日本語を話していて仕様書も読めるのに意味が分からない。
まさに言語明瞭、意味不明!

>>maruteさん
まぁ。とかく。この世は。
よそ者にキツクできてますねw

その業界の事情を。よそ者にも。
わかりやすく説明・解説できるのが。
業界人と。思いますが。
それができるヒトは少ないですね。

でもって。逆に。
通訳のシゴトを理解してやろうとか?
コンピューター関連のシゴトを知ってやろうとか?
ちょっと覗いてみるか?とか。

やるヒトはもっと少ないw
勉強不足と思いますwww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144131/53220960

この記事へのトラックバック一覧です: 丘の上のコウモリ:

« 砂のお城 | トップページ | シロエ »