2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link

無料ブログはココログ

« バインミーのナミダ | トップページ | コウサ・テン »

2011年12月 3日 (土)

第二のキセキ

さて。二番目の奇跡について。

2ヶ月前だったか? オレはcông an (警察)のお世話になった。
スピード違反だけどw

ベトナム南部は。アノ戦争で負けた方だからなのか?
軍よりも警察のほうが力を持っている。
つまり。スンゲー威張ってンであ〜るw

ボッロい白バイもどきに。二人乗りをして。
街中をウロウロ。常に目を光らせている。

捕まろうものなら。その場で即。罰金を払わなければならない。
カネ持ってなければ。バイクはそこで没収され。
一ヶ月。戻ってこないとゆーw
ちょっと規模の大きい取り締まりだと。没収用のトラックが。
横に待機しているのだ。

この罰金ってのが。クセモノで。スピード違反の場合。
160万ドン(約8千円)だという。
そんな大金持ち歩いてる。ベトナム人はごくわずかだろう。
そもそもバイク転がしてる連中は。カネなんて持ってないw

持ってなければどうなるか?
そこはベトナム。値引き交渉ができるのだw
ようするに。イマ払える額を出せと。

だいたい相場は。正規の160万ドンから。ガックーンと落ちてw
10〜20万ドンだというwww
確実に違反者が所持してそうな金額だ。

オレが捕まった2ヶ月前。外国人かつ無免許だったこともあり。
20分ぐらい押し問答したのち。けっきょく。ポケットに入ってたカネ。
全部没収された。
80万ドンぐらいかな?w
カツアゲじゃねぇか!とw
現地人の4倍ですぜw

払ったあとも。その場でタバコを吸いながら。
しばらくcông an 二人のやり口を。眺めていたら。
「もう帰れ」と言ってきたw
オレは。吸ってるタバコを。指差して。
コレが終わったら帰ると。言い返し。
他にとっ捕まった現地人とのやりとりを。観察してたのだw

そして。時は流れ。
こないだ。
オレはまた。今度はゼンゼン違う場所で。
スピード違反で捕まったw

今回は。罰金の相場も知ってるから。
前のようにはさせねぇぞ。と。
身構えてると。

またアイツじゃねぇかとw
前回。80万ドンもぎ取っていった。あの日のcông anジャン。
エリアの担当。変わったのかしら?ww
なんで?。こんなトコロにも?
って。思いましたね。
công an なんて。アイツ以外にも。腐るほどイッパイいるのによw

最初。アイツはゼンゼン。オレのことに気がつきませんでした。
そりゃそうだろ。いちいちパクったヤツの。顔なんて。
覚えてらんないぐらい。捕まえてンだろうからさw

で。いよいよ。罰金の話を切り出してきたとき。
前回とまったく同じ。口調。フレーズを聞かされて。
なんか懐かしくなっちゃったね。
笑っちゃったんだw

罰金の説明中に。ニヤニヤしだしたオレをみて。
思い出したンだろう。
「またオマエか」と。
そこはcông an 取り締まり中は。笑顔なんてみせません。
二人乗りで街を流してるときは。ニヤケたヤツもいますけどねw

ンがしかし。目の奥で笑ってる感じがしたよ。

「オマエは何人なんだ?韓国人か?」と聞いてきた。

日本人だ。って答えると。

「イマ持ってるカネで一番大きい札を置いていけ」みたいなことをいう。
まぁ。たいてい10万ドン札だよ。だから相場が10〜20万ドンなんだ。

しかし。その日のオレは。10万ドン以上は持ってたが。
全部。ゴチャゴチャした。小銭風味ときたw

ポケットのカネを全部みせると。
一番大きい。5万ドン札を指差して。「今日はそれでいい」という。

現地人の相場より安い〜w

前みたいにポケットのカネ全部じゃねぇのかよ?
てな感じで。残りの札もシート上に。投げ出すと。
「残りはいらない」というw

そこでまた。笑っちゃったよ。

もうオマエは。こないだみたいに俺たちを観察しないで。トットといってくれ。
みたいに?言われちゃいましたwww

« バインミーのナミダ | トップページ | コウサ・テン »

コメント

ゴロワさんすごい交渉力ですね。
みごとな作戦勝ち!

ベトナムのスピード違反の取り締まりがずいぶん適当な感じがします。
なんというかそれは罰金ではなくて、
お二人のポケットマネーになってない?と疑惑をもってしまいました。
だから余計に見ていて欲しくないのではないかと思ったりして。

「地獄の沙汰も金次第」と言う言葉が浮かびました。

>>はるさめサン
おっしゃるとおり。ほとんど。
罰金は。連中のポケットんなかですよw
みんな。それを知ってるから。大嫌いなんです。
コン・アンがw

なんとも力を持っている警察なのに・・・
そんな出来事ですね。
なんだか捕まったのに微笑ましくも思えます。
日本でもよく何とかならないの~
なんてお願いしている光景はありますが
日本ではそんな訳にはいきませんね。

よっぽど前回のゴロワさんの観察眼が鋭かったのかな(笑)

>>時人さん
外国人は。トランプでいうと。
ジョーカーですからwww

意外なトコで強いンですよw

加えてベトナム語って。障壁高いの。現地人も感じてるンで。
アイツにナニ言っても。通じないみたいな?w

ジロジロ興味本位でみてたけど。
結果的に。その経験が活きたかな??w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144131/53392156

この記事へのトラックバック一覧です: 第二のキセキ:

« バインミーのナミダ | トップページ | コウサ・テン »