2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Link

無料ブログはココログ

« ヤットウーイ | トップページ | ルービンキ »

2012年2月21日 (火)

リンゴナンカ事件

あのですねw
日常会話において。万有引力の法則。ってイキナリいわれたら。
アナタ。どうします??w

「ああ。ニュートン?。リンゴでしょ?」

現代において。
そんなふうに。パッとイメージできるのは。ダレのおかげなのか??

翻訳ってのは。なにも。異なる言語間においてのみ。
必要とされるシゴト。じゃナイよね?w

おなじ言語下においても。通じないハナシは。ゴマンとあるから。

ニュートンは。英語圏のヒトだっけ??

たとえば。社交界っての?サロン?
そういうのに彼が出向いて。自分が発見した事象っていうか。
功績を。説明しなければならない。シーンに遭遇したら。

「えー。まぁ。あのう・・・。リンゴが木から落ちるのをですねぇ・・ 」

みたいに? みんなが理解できそうな言葉で。イメージさせるしかない。

さすれば。ご出席の貴婦人みたいのも。
「あら。ステキじゃない?。ムツカシイ話はわからないケド。リンゴですって?」

ここではじめて。ニュートンはサロンで。自分の居場所を。
確保できる。

そういう。コトじゃないかな??w  翻訳ってw

いわれたコトを。文字通り。額面どおりにしか。伝えられない。
伝書バトには。できない。ワザだね。

昨今の。科学的な発見とか?そいうの?
わかりやすく。解説できる。翻訳者(仲介業者)ってのは。
ほとんどイナくなった。ンじゃないかな?

ノーベルなんか賞?。
そういう受賞者の功績を。ウマク説明できる。新聞とか。
雑誌なんて。たぶん。ナインだと。思ふ。

発見した当事者も。その事象に対して。
なんらかのコトバを与えなければならない。意味では。
第一の翻訳者でもあるんだと。思うケド。

もう。コトバが事象に追いつかない。マニアなトコまで。
先に行っちゃってンだと。思うな。

コトバは。意外と。進歩しないまま。止まってるからね。

それに。わかりやすく説明できる。仲介業者が。
たとえ。いたとしても。
世の中ってのは。そうした。翻訳者に。ダレも賛辞を贈らないから。

ヤルだけ損なんだよ。きっと。いや。絶対にw

リンゴや。神様って。便利なコトバじゃ。手垢がつきすぎて。
説明にならなくなってきたし。

ムズカシイままで。イインじゃないの?
って。当事者も。なかばあきらめてるのカモよw

それでも。使命感に燃える第三者が。
いまあるコトバを駆使して。説明してもよさそうだけど。

それがカナワナイのは。

上記した。損な役回りという理由に加えて。
いや。それ以上に?
翻訳者ってヒトたちが。軒並み勉強不足でヘボばかり。なんだとも。
思ふw

神様って言葉は。ホントに便利なコトバだったよ。

スンゲー短縮できるし。知ってるヒトはみんな知ってるからねw

答えに困るような質問受けても。
「神が・・・」って。言えば。インタビューも5秒で終わるしw

都合のいいときだけ。困ったときだけ。
ヒッパリダサレルのが。カミサマってモンですよw

« ヤットウーイ | トップページ | ルービンキ »

コメント

そうか、なるほど、それはよく解る(●^o^●)
井上ひさしは、凄いと思うよ。「小説家は、筆舌に尽くし難いと言ってはならない」と言ってた。 そして彼は、広辞苑を毎日、普通の本を読むように読んでたらしい。
パンセは、既にある言葉を並べ変える事によって、新しい思想、だったか表現だったかすることが、思想家だとか言ってたな・・・・
リンゴの伝説は、本当に社交界で作られたらしい。ニュートンは小川の流れから、微積分の理論を導いて、あの法則を考えたみたい。
解らないから、神様のせいにするのはよくないかもね、それなら徹底的に調べて、自分の限界を知れば良いのじゃないかな?
知恵と知識は違うよね、渡辺昇一のお母さんは、戦争が始まった時に日本が負けると言ったらしい。
その根拠は、毎日野良仕事に行く時のリヤカーのタイヤが、日本製はすぐパンクするけど、アメリカ製のはパンクしないから、と言うことだった。 軍の上層部も、頭のいい人も一杯情報持ってたけど、こんなに明確に言い当てた人はいないと思う。長野県の山奥のおばさんが持っていた知恵は、知識じゃないけど、現実を的確につかんでいた。
クリスマスの最初は、羊飼い、伝道したのは漁師さん、その後それを調べる神学者は、学問の王様、
女王様は数学。 これもなんか面白いと思うけどなぁ~ 一寸、トンチンカン(>_<)

>>凡夫さん
コメントありがとうございますw

その。パンセって野郎。なかなかイイコトいいますねw
文章は。単なる単語の配列なんですよね。
だから。いかようにも書ける。

配列さえ。うまくやれば。この世に説明できないコトなんて。
ナイ。って思うンですよ。

単語は。単なる部品なんです。

でも。神様って単語は。それ自体。分解されてもいない。
デッカイままで。大味なパーツだから。
便利だけど。

組み上げたとき。ちょっと不安なんですよねw
「うまく動くかな?」みたいに?
イマイチ自信もてない。パーツだからww

でもまあ。たいがいは結果オーライで。動くからね。
みんな使いますよ。シロウトなんか。とくにw
手っ取り早いからねw

ニュートンは。リンゴなんて。洒落たパーツを。よく使ったなぁ。
って。思いますwww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144131/54042866

この記事へのトラックバック一覧です: リンゴナンカ事件:

« ヤットウーイ | トップページ | ルービンキ »